偏差値60以上の難関国家資格

偏差値60以上の難関国家資格

難関国家資格

難関国家資格「中小企業診断士」「社会保険労務士」「歯科医師」について

国家資格「中小企業診断士」の資格詳細と取得方法

中小企業診断士の勉強を始める前には、資格詳細と取得方法について必ず押さえておかなければなりません。簡単に見ていきましょう。

中小企業診断士は、一次試験と二次試験から構成されており、一次試験がマークシート方式で3日間かけて7科目を受験します。

二次試験は4つの事例からなるマークシート方式と、筆記試験からランダムで出題される口述式の2つで構成されています。

科目数が多く、かつ一つ一つが難しいこと、また科目合格制度も存在するため、望ましいのは全て一発で合格することです。

たとえば働きながら取得を目指す人などは、科目合格制度を利用しながら確実に合格することもひとつの方法です。独学ではほぼ不可能なので、通常は専門学校を利用することになります。

国家資格「社会保険労務士(社労士)」の資格詳細と取得方法

社会保険労務士の資格詳細としては、企業における労務管理の専門職であり労働社会保険関係の法令に基づいた申請書や帳簿書類の作成を行うことが可能になります。

さらに企業が行うべき事務の代行や提出の代行も行えることが挙げられます。取得方法は社会保険労務士試験に合格することが求められます。

試験科目は労働基準法及び労働安全衛生法や健康保険法、厚生年金保険法や社会保険に関する一般常識など8科目に及び、それぞれの科目で基準となる得点を獲得し、さらに総合点も合格基準点以上の得点を取らなければなりません。

また、受験資格にも要件があり、人事労務管理の職務経験大学や高等専門学校、専修学校などを卒業していることが必要になります。

国家資格「歯科医師」の資格詳細と取得方法

歯科医師として勤務するためには、歯科大学や大学の歯学部で6年間勉強して、歯科医師国家試験に合格し、資格を取得する必要があります。

歯科医師国家試験の受験資格は、歯学部を卒業(もしくは卒業見込み)ことが条件となります。取得方法は、最終学年の年度末におこなわれる国家試験を受験して合格することです。

資格詳細は、合格後に歯科医師資格取得時に付与される資格として、食品衛生管理者・衛生検査技師・衛生管理者などがあります。

また、臨床検査技師・労働衛生コンサルタント・介護支援専門員などの受験資格を得ることができます。

歯科医師免許は、国家試験に合格したのちに、歯科医籍に登録することで、厚生労働大臣から発行されます。