偏差値60以上の難関資格

偏差値60以上の難関資格

難関資格

難関の「プロジェクトマネージャ」「一級建築士」「管理栄養士」について

難関「プロジェクトマネージャ試験」の資格詳細と取得方法について

プロジェクトマネージャ試験の資格詳細は、システム開発のプロジェクトにおいて、プロジェクト全体を管理する者の事を言います。

つまり計画を立案したり、要員や予算の確保や管理を行ったり、もちろんシステム開発全体の進捗を管理したりすることができる者を認定、要請するための試験と言えます。

取得方法としては試験を受けることになります。試験は年1回で、午前と午後にそれぞれ2つの科目、合計4つの科目を受けることになりますが、最初から一つ一つ順番に足切りというか最低合格ラインが決められています。

そのラインがクリアできないと残りの科目は採点さえされずに不合格になるという厳しいものです。全体の合格率も10%程度となっており、難関試験の一つとされています。

難関「一級建築士」の資格詳細と取得方法について

一級建築士は、建築士法に定められている国家資格であり、一定規模以上の建築物の設計や工事監理を行う場合に必要とされる資格です。

この資格を持っている人は、設計事務所や建設会社、不動産会社などに勤務しており、独立して設計事務所を開業している人もいます。

一級建築士の資格詳細は、筆記試験と製図試験が出題され、筆記試験は択一式問題が出題され、製図試験は提示された課題に応じてプランニング及び製図を行う試験となります。

試験は年1回行われており、一級建築士の取得方法は学科試験で及び製図試験で一定得点以上を取得して合格する必要があります。

学科試験に合格をした場合、その後2年間は学科試験が免除され、製図試験だけを受験することになります。

難関「管理栄養士」の資格詳細と取得方法について

管理栄養士の資格詳細は栄養士が一定の条件を満たすことで受けることができるため、まさしく栄養士のための国家資格ということです。

管理栄養士はより専門的な高い知識を求められ、栄養指導や献立作成などに携わります。

病床数が300床以上の病院や入所定員が300人以上の介護老人保健施設などは、管理栄養士の配置を法的に義務付けられています。

取得方法は二つあり栄養士として一定期間指定された施設で実務経験を積んで受験するか、大学や専門学校の管理栄養士養成施設を卒業後に受験する方法です。

企業で開発をしたり施設で研究職になるには管理栄養士の知識は非常に役に立ちます。より専門的な職につきたいと考えている場合、資格取得をしておくと有利です。